グレコの仲間たち 書籍詳細はこちら

グレコの仲間たち 書籍詳細はこちら

昨年とは打って変わり、梅雨らしい毎日が続いていますが、大雨の影響で被害を受けた地域の方々には心よりお見舞い申し上げます。

さて、今から41年前の1983年に本書の元となった、横内祐一郎氏著『富士弦楽器物語 グレコの仲間たち』が発刊されました。その初版本はすでに在庫が無く、多くの読みたい人にとっては『幻の本』でした。このたび悲願(?)が叶い、『富士弦楽器物語再編集版 グレコの仲間たち ―あれから四十年―』が発刊されました。
現在日本一のギター生産量を誇る松本市ですが、1960年代当時の松本周辺には沢山の木工職人たちがいました。そこで活躍した彼らは、家具作りから新しい木工であるギター作りに転じた方も多かったようです。
世界的にも有名なブランドである〝グレコギター〟その生みの親ともいえる「富士弦楽器製造株式会社(現フジゲン)」の創業家の蔵からは、その後創業当時1960年代の輸出資料が多々発見され、このたびの再編集版発刊のきっかけとなりました。
編著者は、このブランド名の「グレコ」は、ギターのみならず創業者の横内祐一郎氏そのものを意味していると語っています。
日本におけるモノづくりの金字塔を打ち立てた著者の想いが、この先ずっと繋がっていくことを願ってやみません。

クラフト舎オンラインショップでは、7月8日(月)から、提携書店である松本市の興文堂(平田店、アイシティ21店)では7月6日(土)から販売開始しています。


試し読みは下記から
https://craft-sha.com/e_book/02_08/index.html?pNo=1

購入は下記から
https://craftsha.thebase.in/items/88090046